ET & IoT West 2019出展とセミナー開催のおしらせ

wolfSSLは、2019/6/13(木)と14(金)の2日間、グランフロント大阪で開催される「組込み総合技術展 & IoT総合技術展関西」に出展いたします。TLS 1.3セミナーに加え、今回初となる、安全なファームウェア更新に関するセミナーも開催いたします。

展示会名:組込み総合技術展 & IoT総合技術展関西
会期: 2019年6月13日(木)、14日(金)
時間:10:00〜17:00
会場:グランフロント大阪
wolfSSL小間番号:H-06
ET & IoT Technology West 2019展示会ページ: http://www.jasa.or.jp/etwest/

wolfSSLブース展示内容

wolfSSLは軽量、高速、優れた移植性持つ組み込みシステム、IoTに適した
SSL/TLSライブラリです。1,000社を超えるお客様の幅広い分野の製品で採用
されています。世界に先駆けTLS 1.3に対応したwolfSSLライブラリ、安全な
ファームウェア更新を実現する新製品 wolfBoot、ハードウェアセキュリティ
との連携を可能にするwolfTPMほか、wolfMQTT、wolfCrypt FIPS を紹介します。

 

セミナー(展示会公式サイトからの事前お申し込み制です):

SS-9 ルーム7 6/13(木)14:15~15:00
新IoTセキュリティプロトコル、TLS 1.3 の特長と実力
〜スムーズな移行と新しい製品競争力実現のためのかんどころ〜
ネットワークセキュリティの基本、SSL/TLS。その性能、安全性を両面から全面刷新した新バージョンTLS 1.3。発行からもうすぐ一年を迎え、サーバー、ブラウザの対応などのネットワーク環境が急速に整いつつあります。このセッションでは、新バージョンの特長を最大限に引き出し、IoTデバイス新製品の競争力としていくために必要な情報を45分に詰め込んで紹介します。
スピーカー: wolfSSL Japan合同会社 ソフトウェアエンジニア 宮崎 秀樹

SS-20 ルーム7 6/14(金)15:15~16:00
進化を継続できるIoTデバイスのための「安全なファームウェア更新」
〜ネットワーク・セキュリティからライフサイクル・セキュリティの時代へ〜IoTは今、実証実験から実用化の時代に入りつつあり、IoTデバイスにも本格的なセキュリティが求められるようになっています。ネットワーク通信の安全性はもちろん、長期間使用されるデバイスが将来にわたり安全に進化し、製品競争力を常に強化し続けていけるための、安全なファームウェア更新が注目されはじめています。このセッションでは、ファームウェア更新を安全に実行するための基本的コンポーネントとしてセキュアブートローダーの仕組みから、ハードウェアセキュリティとの連携や遠隔更新への拡張など、IoTシステム全体が継続して安全に進化していくために必要な仕組みについて紹介していきます。
スピーカー: wolfSSL Japan合同会社 技術統括 古城 隆
スタッフ一同、みなさまのお越しを楽しみにお待ちしております。
さらに詳しい情報は弊社問い合わせ窓口info@wolfssl.jpまでお問い合わせください。