wolfSSH 1.4.3をリリースしました!

wolfSSHの新しいバージョン、1.4.3をリリースしました。
このリリースには、次の新機能と修正が含まれています。

  • MQX 4.2(MQX / MFS / RTCS)へのwolfSFTPポーティング
  • メンテナンスとバグ修正
  • テストケースの改善と追加
  • Cコンパイラ間移植性の修正
  • シャットダウン時にエラーとなる事があったechoserverサンプルコードの修正
  • グローバルリクエスト処理の改善
  • データバッファ内の間違ったサイズをレポートしていた新しいキーメッセージハンドラーの問題を修正
  • ビルド設定に依存するAES初期化の問題を修正
  • puTTYとの相互運用性の向上
  • パスワードの失敗が多すぎる場合のユーザー認証コールバックエラーコードを追加
  • Nucleusファイルシステムの抽象化の改善
  • wolfSFTPのサンプルクライアントを使用した”autopilot”のファイル取得および書き込みのサンプルコードを追加
最新版のダウンロードはこちらにございます:  https://www.wolfssl.jp/download/

wolfSSH製品ページ: https://www.wolfssl.jp/products/wolfssh/

さらに詳しい情報は弊社問い合わせ窓口 info@wolfssl.jp までご連絡ください。
原文: https://www.wolfssl.com/wolfssh-v1-4-3-now-available/