wolfSSLのDO-178C DAL Aサポート

航空機搭載システム/機器のセキュアブートおよび安全なファームウェア更新

組み込み向けセキュリティソフトウェアの専門ベンダであるwolfSSLは、RTCA DO-178CレベルA認証をサポートしています。アビオニクスのインターネット接続アプリケーション用に、商用オフザシェルフ(commercial off-the-shelf、COTS)のソフトウェアライブラリとしてwolfCrypt DO-178C版を提供しています。DO-178CレベルAへの準拠は、wolfCrypt COTS DO-178C認証キットによりサポートしており、このキットは次の暗号アルゴリズムの追跡可能なアーティファクトを含んでいます。

  • メッセージダイジェスト用のSHA-256
  • 暗号化と復号化のためのAES
  • メッセージ署名、検証用のRSA
  • 認証された暗号化/復号化用のchacha20_poly1305

この製品の主な目的は、民間航空機および軍用航空機に搭載される電子機器用に、セキュアブートおよび安全なファームウェア更新の適切な暗号基盤を提供することです。wolfSSLは、インターネット接続された民間航空機および軍用航空機に軍事グレードの信頼できるセキュリティを提供します。DO-178C認証に向け安全な通信システム実現を目指すアビオニクス開発者にとって、柔軟、コンパクト、経済的かつ高性能なCOTSソリューションです。

wolfCrypt暗号ライブラリは、FIPS 140-2認証を取得しています(#2425、#3389)。DO-178に加えFIPS 140-2認証が必要な場合は、FIPS 140-2認証済みアルゴリズムのいずれかをDO 178モードで使用いただくことができます。詳細については、info@wolfssl.jp までお問い合わせください。

最適化サポート

アビオニクスシステムの安全な再起動には、厳しい性能要件があることを私たちは理解しています。暗号化パフォーマンスの最適化は、専門エンジニアによるコンサルティングサービスを用意しています。詳しくは info@wolfssl.jp までお問い合わせください。

wolfSSL製品のDO-178Cサポート計画

  • セキュアブートおよ安全なファームウェア更新のための基本的な暗号化– 2020年第1四半期
  • wolfBootセキュアブート– 2020年第4四半期
  • wolfSSL – 2020年第4四半期
  • wolfMQTT – 2020年第4四半期

サポートチップメーカー

wolfCryptは以下を含むチップセットをサポートしています:

  • ARM
  • Analog Devices
  • Intel
  • mbed
  • Microchip / Atmel
  • Motorola
  • NXP / Freescale
  • ルネサス エレクトロニクス
  • STマイクロエレクトロニクス
  • Texas Instruments

上記以外での使用、テストをご希望の方は info@wolfssl.jp までご連絡ください。

サポートOS

Win32/64, Linux, Mac OS X, Solaris, ThreadX, VxWorks, FreeBSD, NetBSD, OpenBSD, embedded Linux, WinCE, Haiku, OpenWRT, iPhone (iOS), Android, Nintendo Wii and Gamecube through DevKitPro, QNX, MontaVista, OpenCL, NonStop, TRON/ITRON/μITRON, Micrium’s μC/OS, FreeRTOS, SafeRTOS, Freescale MQX, Nucleus, TinyOS, HP/UX, ARC MQX, TI-RTOS, uTasker, embOS, INtime, Mbed, μT-Kernel, RIOT, CMSIS-RTOS, FROSTED, Green Hills INTEGRITY, Keil RTX, TOPPERS, Deos

このほかのOSでテストをされたい方は、 info@wolfssl.jp までご連絡ください。