製品

wolfSSLは、組み込みシステムに適した処理スピードとフットプリントサイズを実現した、軽量で移植性に優れたセキュリティソリューションです。wolfSSLは、最小限のフットプリントサイズであると同時に十分な処理スピードを実現しており、他にはこのようなSSLライブラリやウェブサーバーはありません。また、デュアルライセンスによりホビーストからビジネスユースまで様々なユーザーに利用していただいており、弊社によるサポートがあることも強みとなっております。私たちの製品はオープンソースですので、ユーザー自身でソースコードを確認することができます。お問い合わせ、ご質問またはコメントはお問い合わせもしくは050-3698-1916までお電話ください。

wolfSSLが利用されている分野についてはケーススタディーのページをご覧ください。もしご自身のニーズにどの製品がマッチするかお知りになりたい場合は「正しいwolfSSL技術を選択する」をご参照いただくか弊社までお問い合わせください。

SSL / TLSライブラリ

wolfSSL

wolfSSLはC言語で開発された軽量SSL/TLSライブラリで、小型で処理スピードやポータビリティなどでリソースが限られている組み込み機器やRTOSに特化しております。また、wolfSSLはTLS1.2やDTLS1.2などの業界標準プロトコルをサポートしており、OpenSSLに比べて1/20のフットプリントサイズを実現しています。さらに、シンプルなAPIやOpenSSL互換API、OCSPとCRLサポート、先進的な暗号化機能などを提供しております。

暗号エンジン

wolfCrypt

wolfCrypt組み込み暗号エンジンは組み込みシステムに特化した軽量暗号ライブラリで、小型で処理スピードやポータビリティのためリソースが限られている組み込みシステムやRTOS向けに開発されました。
wolfCryptは広く利用されている暗号アルゴリズムだけでなく、ChaCha20、Curv25510、NTRU、Blake2bといった先進的な暗号アルゴリズムも提供しています。
wolfCryptは製品として安定しており、商用に耐える品質を備えている上にすばらしいサポートを提供いたします。

wolfCrypt FIPS

wolfCrypt 暗号ライブラリは、FIPS140-2取得済み(認証 #2425)です。
詳しい情報はwolfCrypt FIPS FAQinfo@wolfssl.jpにお問合せください。

MQTTライブラリ

wolfMQTT

wolfMQTTライブラリは組み込みシステム用のC言語で開発されたクライアント用ライブラリで、wolfSSLライブラリ上でSSL/TLS通信を行うことができます。このライブラリはスクラッチから開発されているため、複数のプラットフォームをサポートしており、メモリーサイズなどが厳しいシステムでも利用することができ、拡張性にも優れています。また、あらゆるパケットタイプやQoS(Quality of Service)レベル0-2にも対応しております。このライブラリの実装はMQTT v3.1.1の仕様をベースに実装されております。

SSHライブラリ

wolfSSH

wolfSSHは、組み込みシステムやRTOSなど処理スピードや小メモリーなどリソースが限られているシステム向けのC言語で開発された軽量SSHv2サーバー用ライブラリです。

ラッパー

wolfSSL JNI

JavaアプリケーションでwolfSSL/TLSによるセキュア通信を利用するために、JNIラッパーはTLS1.2とDTLS1.2のTLS/SSL通信機能をJavaアプリケーションから利用するためのインターフェースを提供いたします。

wolfCrypt JNI and JCE Provider

wolfCrypt JNIは、wolfcrypt CライブラリJNIラッパーと上位レベルのwolfCrypt JCEプロバイダーを含んでいます。
このパッケージはwolfCrypt暗号ライブラリを利用したいJavaデベロッパーにとって便利なパッケージで、FIPS140-2認証のwolfCryptもサポートしております。

wolfSSL C#

wolfSSL C#ラッパーは、C#アプリケーション開発でIoTや組み込みデバイスのTLS/SSLセキュリティ機能を実装したいときに利用できます。このラッパーはwolfSSL APIのサブセットをC#から利用することができ、DTLSとTLSの両方のプロトコルをサポートしております。