製品

wolfCrypt組み込み暗号エンジン

wolfCrypt暗号エンジンはANSIで書かれた軽量暗号ライブラリで、組み込みRTOSやメモリーサイズが小さく
CPUが遅いスペックの低いリソースの限られた環境で使用するために開発されました。
また、ロイヤリティフリーでクロスプラットフォームをサポートしておりますので標準的なOS環境でも使われています。
wolfCryptはHC-128やRABBIT,NTRUなどの先進的なアルゴリズムに加え、よく使われているアルゴリズムは暗号技術をサポートしています。
wolfCryptは安定していて製品レベルの品質を持ち、素晴らしいチームとセキュリティの専門家によってサポートされております。
そして、世界中で数多くのアプリケーションやデバイスに使われています。

wolfCrypt暗号ライブラリはFIPS140-2認証を取得済みです。
詳細についてはwolfCrypt FIPS FAQページをご覧になるか、fips@wolfssl.comまでお問い合わせください。

ダウンロード

wolfCryptはwolfSSLに含まれております。

ライセンスページ

FIPS Validated 140-2

Highlights

  • ECC 最大521ビット
  • ハッシュベースPRNG
  • AES-NI, Cavium, STM32
  • 先進的な暗号技術のサポート
  • 鍵と証明書の生成
  • 充実したサポート

Lightweight

  • フットプリントサイズが小さい
  • ランタイム時のメモリー消費が少ない

Portable

  • シンプルでクリーンなAPI
  • ハードウェア暗号サポート
  • モジュール構成のデザイン
  • アセンブリ言語による最適化

プラットフォームと言語サポート

wolfCryptはポータビリティに配慮して開発されていますので、新しいプラットフォームでコンパイルしやすい構成になっております。
主なサポートする開発言語はC言語です。もしサポートされているOSリストにないプラットフォームで使用した場合、
またはサポートされていない他の開発言語で利用したい場合は弊社窓口(info@wolfssl.jp)までお問い合わせください。

ハードウェア暗号と高速化

また、wolfCryptはハードウェア暗号と高速化をサポートしています。
サポートされているプラットフォームについていはハードウェア暗号サポートページ
をご参照ください。

商用サポート

wolfCryptのサポートパッケージはwolfSSLと直接の年間契約になります。
3つのパッケージからお客様のご要望にあったものをお選びください。
詳しくはサポートページをご参照ください。
ライセンス情報についてはライセンスページをご覧ください。

ベンチマーク

ベンチマーク情報とデータについてはベンチマークページをご覧いただくか、
お問い合わせページからお問い合わせください。

特別なビルド

モジュールの分離 - 個別のアルゴリズムや暗号機能はwolfCryptパッケージから選択して独立して使用することができます。
詳しくお知りになりたい方は、弊社にお問い合わせください。

Features

  • ハッシュ関数: MD2, MD4, MD5, SHA-1, SHA-224, SHA-256, SHA-384, SHA-512, BLAKE2b, RIPEMD-160, Poly1305
  • ブロック、ストリーム、認証付き暗号: AES (CBC, CTR, GCM, CCM, GMAC, CMAC), Camellia, DES, 3DES, IDEA, ARC4, RABBIT, HC-128, ChaCha20
  • 公開鍵アルゴリズム: RSA, DSS, DH, EDH, ECDH-ECDSA, ECDHE-ECDSA, ECDH-RSA, ECDHE-RSA, NTRU
  • パスワードベース鍵導出: HMAC, PBKDF2, PKCS#5
  • Curve25519 and Ed25519
  • ハッシュベース PRNG
  • PEM and DER 形式証明書サポート
  • X.509 エンコード/デコード
  • シンプルな API
  • RSA と ECC の鍵生成
  • x509 v3 署名付き証明書生成
  • PKCS #7 - 暗号メッセージ構文 (CMS)
  • PKCS #10 - 証明書署名要求 (CSR)
  • PKCS #1, #5, #8, #12 秘密鍵暗号
  • アセンブリ言語による最適化
  • カスタムメモリーフック
  • ハードウェアベース RNG との連携
  • ハードウェア暗号サポート: Intel AES-NI, AVX1/2, RDRAND, RDSEED, SGX, Cavium NITROX, Intel QuickAssist, STM32F2/F4, Freescale/NXP (CAU, mmCAU, SEC, LTC), Microchip PIC32MZ, ARMv8
  • OpenSSL互換レイヤー

サポートしているチップメーカー

  • wolfSSLは以下のチップメーカーの製品をサポートしております。
    ARM, Intel, Motorola, mbed, NXP/Freescale, Microchip (PIC32)/Atmel, STMicro (STM32F2/F4), Analog Devices, Texas Instruments, and more
  • 他のチップメーカーの製品上でwolfSSLをテストしたい場合は弊社にご連絡ください。喜んでサポートさせていただきます。

サポートOS

  • Win32/64, Linux, Mac OS X, Solaris, ThreadX, VxWorks, FreeBSD, NetBSD, OpenBSD, embedded Linux, Yocto Linux, OpenEmbedded, WinCE, Haiku, OpenWRT, iPhone (iOS), Android, Nintendo Wii and Gamecube through DevKitPro, QNX, MontaVista, NonStop, TRON/ITRON/µITRON, Micrium µC/OS-III, FreeRTOS, SafeRTOS, NXP/Freescale MQX, Nucleus, TinyOS, HP/UX, AIX, ARC MQX, TI-RTOS, uTasker, embOS, INtime, Mbed, uT-Kernel, RIOT, CMSIS-RTOS, FROSTED, Green Hills INTEGRITY, Keil RTX, TOPPERS
  • 他のOSでwolfCryptをテストしたい場合は弊社までご連絡ください。喜んでサポートさせていただきます。

ライセンスと注文:

wolfCryptはGPLv2と商用ライセンスのデュアルライセンスとなっております。詳しい内容については以下のリンクをご覧ください。