製品

wolfSSH 軽量SSHライブラリ

wolfSSHライブラリは、ANSI Cで書かれた軽量のSSHv2サーバー、クライアントライブラリです。ライブラリにはSFTP, SCPなどの関連プロトコルも含まれています。

wolfSSHはサイズや速度、機能が小さいため、組み込みやRTOSなどリソース制約のある環境での使用に適しています。また、ロイヤルティフリーの価格設定と優れたクロスプラットフォームサポートにより、標準的なオペレーティング環境でも多く使用されています。業界標準のSSH v2をサポートし、Poly1305、ChaCha20、NTRU、およびSHA-3などの先進的な暗号を提供します。

 

wolfSSHはwolfCryptライブラリを利用しています。wolfCrypt暗号ライブラリは FIPS 140-2認証 (認証番号 #2425)を受けています。詳しい情報は wolfCrypt FIPS FAQをご参照いただくか、 info@wolfssl.jpまでお問い合わせください。

ダウンロード

オープンソースGPLv3
最新バージョン

バージョン: 1.3.0
リリース日: 8/15/2018
ChangeLog表示

Highlights

  • SSH v2.0サーバーサポート
  • wolfCrypt暗号ライブラリ使用
  • wolfSSLによる技術サポート

Lightweight

  • 小さなフットプリントサイズ
  • 少ないランタイムメモリー使用

Portable

  • 多数のサポートプラットフォーム
  • wolfCryptの移植性の高さをポータブル性

プラットフォームと言語サポート

wolfSSHはポータビリティ性に優れているため、新しいプラットフォームで容易にビルドすることができます。もし、下のサポートOSリストにないOSでビルドしたい場合はこちらまでお問い合わせください。

また、wolfSSHはメインのインターフェースとしてC言語をサポートしていますが、他の現在サポートされていない言語でwolfSSHを利用されたい場合は こちらまでお問い合わせください。

Howling Wolf

特長

  • SSH v2.0 (サーバー)
  • SFTP, SCPなど関連プロトコルのサポート
  • 最小フットプリントサイズ  33kB
  • 設定受信バッファを含まないランタイムメモリ使用量 1.4-2kB
  • ハッシュ関数: SHA-1, SHA-2 (SHA-256, SHA-384, SHA-512), BLAKE2b, Poly1305
  • ブロック、ストリーム、認証付き暗号: AES (CBC, CTR, GCM, CCM), Camellia, ChaCha20
  • 公開鍵オプション:  RSA, DH, EDH, NTRU
  • ECCサポート ECDHとカーブ付きECDSA: NISTP256, NISTP384, NISTP521
  • Curve25519  Ed25519
  • クライアント認証サポート (RSAキー、パスワード)
  • シンプルなAPI
  • PEM とDER形式の証明書サポート
  • ハードウェア暗号サポート: Intel AES-NI  Intel AVX1/2, RDRAND, RDSEED, Cavium NITROX, STM32F2/F4 ハードウェア暗号機能, Freescale CAU / mmCAU / SEC, Microchip PIC32MZ

サポートチップメーカー

サポートオペレーティングシステム

  • Win32/64, Linux, Mac OS X, Solaris, ThreadX, VxWorks, FreeBSD, NetBSD, OpenBSD, embedded Linux, WinCE, Haiku, OpenWRT, iPhone (iOS), Android, Nintendo Wii and Gamecube through DevKitPro, QNX, MontaVista, NonStop, TRON/ITRON/µITRON, Micrium's µC/OS, FreeRTOS, SafeRTOS, Freescale MQX, Nucleus, TinyOS, HP/UX, ARC MQX, TI-RTOS, uTasker, embOS
  • 他のOSでwolfSSHを利用されたい場合はサポートさせていただきますので弊社までご連絡ください。

ライセンスとご注文:

wolfSSHはGPLv3と商用ライセンスのデュアルライセンスで提供しております。詳しい情報については以下のリンクをクリックしてください。