ウェビナー「医療デバイスのセキュリティについて、知ってほしいこと。」

wolfSSLが主催するウェビナー開催のご案内です。

医療デバイスのセキュリティについて、知ってほしいこと。

2022年8月25日 10:00~10:45

暗号ライブラリ、SSL/TLSについてお調べですか? – wolfSSLがご質問にお答えできるかもしれません。

組み込みシステム向けSSL/TLSライブラリのwolfSSLは、1,000社を超えるOEMカスタマーに採用され、医療分野のさまざまな機器でも多く使われてきました。

このウェビナーでは、メディカルデバイスに求められるセキュリティのトレンド、業界の規制、それらに対応するwolfSSLの製品、FIPS140認証などについて説明します。

また内視鏡手術装置、人工呼吸器、透析装置、インスリンポンプ、院内の医療統合システムなど、グローバル採用事例についても説明いたします。

スピーカー:
Chris Conlon
wolfSSL Inc. Engineering Manager

本ウェビナーは英語で開催します。
約45分の予定です。

参加希望の方はこちらからご登録ください。ご登録後、ウェビナー参加に関する確認メールをお送りします。

ぜひ皆様のご参加をお待ちしています。
ご質問がおありでしたら、info@wolfssl.jp までご連絡ください。
そのほかのウェビナー開催予定、オンデマンド版の公開についてはこちらをご覧ください。

Black Hat USA 2022出展のご案内

Black Hat参加の登録:
https://blackhat.informatech.com/2022/?_mc=sem_bhas_sem_bhas_le_tspr_BhasiaGbr_2022&

wolfSSLブース番号: 1084

会場ではwolfSSLエンジニアが、セキュリティ全般に関するご質問にお答えします。wolfSSLを使ってみたい方へ使用開始の準備もご案内します。次の内容をも紹介いたします。

  • TLS1.3の利点
  • wolfCryptが認証プロセス中のFIPS140-3
  • wolfSentry – 組み込み向けIDPSエンジン(侵入検知および防止システム)
  • wolfBoot – 組み込み向けセキュアブートローダー
  • wolfEngine(OpenSSL用のwolfCrypt FIPSエンジン)
  • cURLの商用サポート
  • 航空機搭載システム/機器用のDO-178
  • NXP CAAMドライバーのサポート

ブースへお越しいただける予定の方は、info@wolfssl.jp まで事前にお知らせください。日本のスタッフとご興味の分野に詳しいエンジニアがご都合の来場時間にお会いできるよう、スケジュールを調整いたします。

会場でお会いできることを楽しみにしています!

ご質問がおありでしたら、info@wolfssl.jp までご連絡ください。

ウェビナー「UDPをセキュアにするDTLSの最新バージョン1.3とは」

wolfSSLが主催するウェビナー開催のご案内です。

UDPをセキュアにするDTLSの最新バージョン1.3とは

2022年6月29日(水) 14:00~14:45

小さなパケットを大量に、データの転送遅延少なく送ることが重要なアプリケーションで使われているUDP(User Datagram Protocol)。DTLSはUDPのような安定性が保証されない通信のセキュリティを実現するトランスポート層のプロトコルです。

本ウェビナーでは、今年4月にインターネット標準になった最新バージョンDTLS1.3について説明します。この新バージョンはTLS1.3の成果を大幅に取り入れるなど、従来のDTLSの課題が大幅に改善されています。

DTLS1.2からの変更点と新バージョンのメリットをご紹介するとともに、UDPを使ったコードをどのように変更すればDTLS1.3を使えるのかについても説明いたします。

スピーカー:
松尾 卓幸
wolfSSL Japan合同会社 ソフトウェアエンジニア

本ウェビナーは日本語で開催します。
約45分の予定です。

参加希望の方はこちらからご登録ください。ご登録後、ウェビナー参加に関する確認メールをお送りします。

ぜひ皆様のご参加をお待ちしています。
ご質問がおありでしたら、info@wolfssl.jp までご連絡ください。
そのほかのウェビナー開催予定、オンデマンド版の公開についてはこちらをご覧ください。

ウェビナー「自動車のセキュリティについて、知りたいけど聞きにくいこと。」

wolfSSLが主催するウェビナー開催のご案内です。

自動車のセキュリティについて、知りたいけど聞きにくいこと。

2022年4月20日(水) 10:00~10:45

 

暗号ライブラリ、SSL/TLSについてお調べですか? – wolfSSLがご質問にお答えできるかもしれません。

組み込みシステム向けSSL/TLSライブラリのwolfSSLは、1,000社を超えるグローバルOEMカスタマーに採用され、一般的な車載機器からECUまで、オートモーティブ業界でも長く使われてきました。

このウェビナーでは、特に高速なレスポンスが要求されるV2V車車間通信、多重度の高いマルチスレッドでのMQTT v5実装、ADAS/自動運転での地図連携、ナビ情報の更新などのwolfSSL採用例を説明いたします。

スピーカー:
Jacob Barthelmeh
wolfSSL Inc. Software Engineer

本ウェビナーは英語で開催します。
約45分の予定です。

参加希望の方はこちらからご登録ください。ご登録後、ウェビナー参加に関する確認メールをお送りします。

ぜひ皆様のご参加をお待ちしています。
ご質問がおありでしたら、info@wolfssl.jp までご連絡ください。

 

そのほかのウェビナー開催予定、オンデマンド版の公開についてはこちらをご覧ください。

ハードウェアセキュリティフォーラム2021「wolfCryptの暗号ライブラリ最適化手法について」

ハードウェアセキュリティ研究会(HWS)主催の「ハードウェアセキュリティフォーラム2021」で、弊社古城が1セッションを担当いたします。

このフォーラムは12月10日(金)終日、オンラインとの現地参加のハイブリッド開催の予定で、IoT機器のセキュリティを支える技術の1つとして、暗号ライブラリ最適化手法について説明いたします。

 

2021年12月10日(金)15:50-16:30

wolfCryptの暗号ライブラリ最適化手法について

wolfSSL Japan 合同会社
技術統括
古城 隆

参加費、参加申し込みなどはこちらをご覧ください。

 

ウェビナー「FIPS認証の新バージョン: FIPS140-3」

wolfSSLが主催するウェビナー開催のご案内です。

FIPS認証の新バージョン: FIPS140-3

2021年9月8日(水) 14:00~14:30

wolfSSLではこの度、FIPS認証の新バージョンFIPS140-3の取得サービスを正式に開始しました。
ウェビナーではFIPS認証の概要、認証プロセス、wolfSSLの認証取得サービスの紹介とともに、従来の140-2との相違点についても解説します。

スピーカー:
wolfSSL Japan合同会社 技術統括
古城 隆

本ウェビナーは日本語で開催します。
約30分の予定です。

参加希望の方はこちらからご登録ください。ご登録後、ウェビナー参加に関する確認メールをお送りします。

ぜひ皆様のご参加をお待ちしています。
ご質問がおありでしたら、info@wolfssl.jp までご連絡ください。

 

そのほかのウェビナー開催予定、オンデマンド版の公開についてはこちらをご覧ください。

ウェビナー「QtのセキュリティをwolfSSLで軽量化」

wolfSSLが主催するウェビナー開催のご案内です。

QtのセキュリティをwolfSSLで軽量化

2021年6月23日(水) 14:00~14:30

Qtは Google Earthで採用されたグラフィックユーザーインターフェース作成フレームワークであるとともに、Linux、Windows、macOS、Android や組み込み Linux など高い移植性を提供するクロスプラットフォームのアプリケーション作成フレームワークでもあります。

Qtデフォルトのバックエンドは OpenSSL ですが、wolfSSL に変更することが可能です。wolfSSLを使うことで軽量化、ベンダ直の商用サポート、脆弱性問題に対する迅速なパッチ適用、FIPS 140-3認証取得など、さまざまなメリットがあります。

今回はQtのバックエンドをwolfSSLに変更するための手順を紹介し、QSslSocket クラスを用いたサンプルプログラムの実行を行います。

 

本ウェビナーは日本語で開催します。
約30分の予定です。

参加希望の方はこちらからご登録ください。ご登録後、ウェビナー参加に関する確認メールをお送りします。

ぜひ皆様のご参加をお待ちしています。
ご質問がおありでしたら、info@wolfssl.jp までご連絡ください。

 

そのほかのウェビナー開催予定、オンデマンド版の公開についてはこちらをご覧ください。

TOPPERSカンファレンス2021講演のお知らせ

wolfSSLは、オンラインで開催されるTOPPERSカンファレンス2021に参加いたします。ご興味のある方は、事前登録の上、ぜひご参加ください。

TOPPERSカンファレンス2021
—-
日時:2021年6月4日(金)10:00〜18:00
主催:NPO法人TOPPERSプロジェクト
参加費:無料

参加登録はこちらの公式ページからお進みください。
https://www.toppers.jp/conference2021.html

 

 

事例紹介コーナーでwolfSSLについて説明します。16:40ごろからのスタートになるかと思います。こちらもぜひご参加ください。

TOPPERS/ASP向けTLSプロトコルの紹介
— IoTデバイスにセキュリティを —

古城 隆
概要:IoTデバイス向けのセキュリティプロトコル実現の事例としてTOPPERS/ASP向けのwolfSSLの事例を紹介します。TOPPERS/ASPは組込みシステム向けのRTOSとして多様な構成に柔軟に対応できることを特徴としており、上位コンポーネントの連携にもこの特徴を損なわないような配慮が求められます。このセッションではそうした柔軟性を求められるミドルウェア連携についてwolfSSLのアプローチを製品事例として紹介します。

 

ご質問がありましたら info@wolfssl.jp までお知らせください。

ウェビナー「OpenSSLアプリケーションのスムーズな移行のために」

wolfSSLが主催するウェビナー開催のご案内です。

OpenSSLアプリケーションのスムーズな移行のために

2021年4月21日(水) 14:00~14:30

wolfSSLは、OpenSSLアプリケーションを容易に移行できるようにOpenSSLとの互換APIレイヤーを提供しています。今回は、この互換レイヤーの概要とAPI対応状況、利用方法、移行の際の注意点などについて具体的に説明いたします。

本ウェビナーは日本語で開催します。
約30分の予定です。

参加希望の方はこちらからご登録ください。ご登録後、ウェビナー参加に関する確認メールをお送りします。

ぜひ皆様のご参加をお待ちしています。
ご質問がおありでしたら、info@wolfssl.jp までご連絡ください。

 

そのほかのウェビナー開催予定、オンデマンド版の公開についてはこちらをご覧ください。

Posts navigation

1 2 3 4 11 12 13