ウェビナー「QtのセキュリティをwolfSSLで軽量化」

wolfSSLが主催するウェビナー開催のご案内です。

QtのセキュリティをwolfSSLで軽量化

2021年6月23日(水) 14:00~14:30

Qtは Google Earthで採用されたグラフィックユーザーインターフェース作成フレームワークであるとともに、Linux、Windows、macOS、Android や組み込み Linux など高い移植性を提供するクロスプラットフォームのアプリケーション作成フレームワークでもあります。

Qtデフォルトのバックエンドは OpenSSL ですが、wolfSSL に変更することが可能です。wolfSSLを使うことで軽量化、ベンダ直の商用サポート、脆弱性問題に対する迅速なパッチ適用、FIPS 140-3認証取得など、さまざまなメリットがあります。

今回はQtのバックエンドをwolfSSLに変更するための手順を紹介し、QSslSocket クラスを用いたサンプルプログラムの実行を行います。

 

本ウェビナーは日本語で開催します。
約30分の予定です。

参加希望の方はこちらからご登録ください。ご登録後、ウェビナー参加に関する確認メールをお送りします。

ぜひ皆様のご参加をお待ちしています。
ご質問がおありでしたら、info@wolfssl.jp までご連絡ください。

 

そのほかのウェビナー開催予定、オンデマンド版の公開についてはこちらをご覧ください。

TOPPERSカンファレンス2021講演のお知らせ

wolfSSLは、オンラインで開催されるTOPPERSカンファレンス2021に参加いたします。ご興味のある方は、事前登録の上、ぜひご参加ください。

TOPPERSカンファレンス2021
—-
日時:2021年6月4日(金)10:00〜18:00
主催:NPO法人TOPPERSプロジェクト
参加費:無料

参加登録はこちらの公式ページからお進みください。
https://www.toppers.jp/conference2021.html

 

 

事例紹介コーナーでwolfSSLについて説明します。16:40ごろからのスタートになるかと思います。こちらもぜひご参加ください。

TOPPERS/ASP向けTLSプロトコルの紹介
— IoTデバイスにセキュリティを —

古城 隆
概要:IoTデバイス向けのセキュリティプロトコル実現の事例としてTOPPERS/ASP向けのwolfSSLの事例を紹介します。TOPPERS/ASPは組込みシステム向けのRTOSとして多様な構成に柔軟に対応できることを特徴としており、上位コンポーネントの連携にもこの特徴を損なわないような配慮が求められます。このセッションではそうした柔軟性を求められるミドルウェア連携についてwolfSSLのアプローチを製品事例として紹介します。

 

ご質問がありましたら info@wolfssl.jp までお知らせください。

ウェビナー「OpenSSLアプリケーションのスムーズな移行のために」

wolfSSLが主催するウェビナー開催のご案内です。

OpenSSLアプリケーションのスムーズな移行のために

2021年4月21日(水) 14:00~14:30

wolfSSLは、OpenSSLアプリケーションを容易に移行できるようにOpenSSLとの互換APIレイヤーを提供しています。今回は、この互換レイヤーの概要とAPI対応状況、利用方法、移行の際の注意点などについて具体的に説明いたします。

本ウェビナーは日本語で開催します。
約30分の予定です。

参加希望の方はこちらからご登録ください。ご登録後、ウェビナー参加に関する確認メールをお送りします。

ぜひ皆様のご参加をお待ちしています。
ご質問がおありでしたら、info@wolfssl.jp までご連絡ください。

 

そのほかのウェビナー開催予定、オンデマンド版の公開についてはこちらをご覧ください。

wolfSSLウェビナー「FIPS140-3」

wolfSSLウェビナー開催のご案内です。

FIPS140-3

2021年4月7日(水) 10:00~10:30

スピーカー:
Kaleb Himes
wolfSSL Inc. Software Engineer
 

現在、wolfSSLではFIPS 140-3認証取得に向けて、準備を進めています。
このウェビナーでは、FIPS140-3について、新しくなった内容、FIPS 140-2からの移行、サイバーセキュリティにとっての重要性、およびwolfSSLが製品にどのように実装しているかについて説明します。

本ウェビナーは英語で開催します。
約30分の予定です。

参加希望の方はこちらからご登録ください。ご登録後、ウェビナー参加に関する確認メールをお送りします。

 

ぜひ皆様のご参加をお待ちしています。
ご質問がおありでしたら、info@wolfssl.jp までご連絡ください。

 

そのほかのウェビナー開催予定、オンデマンド版の公開についてはこちらをご覧ください。

wolfSSLウェビナー「wolfSSLのITRON OSサポート」

wolfSSLウェビナー開催のご案内です。

wolfSSLのITRON OSサポート

2021年3月24日(水) 14:00~14:30

スピーカー:
古城 隆
wolfSSL Japan合同会社 技術統括
 

IoTの機能の開発に忙しいソフトウェアエンジニアは、TLSの実装はできれば時間をかけずに信頼できるものを使いたいと考える方も多いのではないでしょうか。

今回は組み込みデバイスで多く使われているITRON OSに特化し、ITRON OSと親和性の高いwolfSSLの利用を検討中のエンジニアの方を対象としたウェビナーです。
wolfSSLは以前よりITRON OSをサポートしてきており、国内でも多数の採用があります。導入評価の第一歩として必要となるwolfSSLのサンプルプログラムのビルド&実行の手順を一通り説明します。

本ウェビナーは日本語で開催します。
約30分の予定です。

参加希望の方はこちらからご登録ください。ご登録後、ウェビナー参加に関する確認メールをお送りします。

 

ぜひ皆様のご参加をお待ちしています。
ご質問がおありでしたら、info@wolfssl.jp までご連絡ください。

 

そのほかのウェビナー開催予定、オンデマンド版の公開についてはこちらをご覧ください。

wolfSSLウェビナー「ポスト量子暗号に対するwolfSSLの取り組み」

wolfSSLウェビナー開催のご案内です。

ポスト量子暗号に対するwolfSSLの取り組み

2021年3月10日(水) 10:00~10:30

スピーカー:
Chris Conlon
wolfSSL Inc. Engineering Manager

 

このウェビナーでは、wolfSSLのポスト量子暗号に対する現在の取り組みの最新情報を紹介します。組み込みシステム向け軽量wolfSSL SSL/TLSライブラリの概要、ポスト量子アルゴリズムの現在のサポート、またNISTのポスト量子暗号標準化プロセスの現状のサマリーについても触れます。

本ウェビナーは英語で開催します。
約30分の予定です。
参加希望の方はこちらからご登録ください。ご登録後、ウェビナー参加に関する確認メールをお送りします。

 

ぜひ皆様のご参加をお待ちしています。
ご質問がおありでしたら、info@wolfssl.jp までご連絡ください。

 

そのほかのウェビナー開催予定、オンデマンド版の公開についてはこちらをご覧ください。

wolfSSLパートナー共同ウェビナー:Microsoft Azure Sphere

直前のお知らせではありますが、Microsoft社との共同ウェビナーのご案内です。本ウェビナーは英語で開催いたします。

wolfSSLパートナー共同ウェビナー:
Microsoft Azure Sphere

このウェビナーでは、MicrosoftがwolfSSLライブラリを活用して、どのようにAzure Sphereユーザーに更新可能なセキュリティを提供しているかを紹介します。MicrosoftがwolfSSLを活用することを選択した主な理由についても触れます。

またAzure Sphereが提供する更新可能なセキュリティのコンセプトと、wolfSSLを使用してIoTデバイスのセキュリティを確保する独自の方法についても説明します。

参加希望の方はこちらからご登録ください。

ぜひ皆様のご参加をお待ちしています。
そのほかのウェビナー開催予定、オンデマンド版の公開についてはこちらをご覧ください。

フライングカーテクノロジーに出展します

wolfSSL Japanは、フライングカーテクノロジーへ出展いたします。

日時: 2020年11月4日(水)~6日(金)10:00~17:00
会場: 東京ビッグサイト
wolfSSLブース番号: L-14
展示会ウェブサイト:https://www.n-plus.biz/fct/

ご紹介製品:

wolfSSL – 世界で初めてTLS 1.3に対応した、IoTデバイス向け軽量SSL/TLS商用版セキュリティライブラリ
wolfCryptとFIPSモジュール – メモリ制限の厳しい環境に適した暗号ライブラリとFIPS140-2認証を取得したFIPSモジュール
wolfCrypt DO-178C版 − 民間航空機および軍用航空機に搭載される電子機器用にRTCA DO-178CレベルA認証をサポート
wolfBoot – 安全なファームウェアアップデートを実現するセキュアブートローダー
wolfTPM – ハードウェアセキュリティ連携を可能にするポータブルTPM2.0ライブラリ
wolfMQTT – MQTT v5.0に準拠したMQTTクライアント
wolfSSH – SFTPSCPをサポートするSSHライブラリ

みなさまのご来場を心よりお待ちしております。
現地での個別打ち合わせをご希望の方は、info@wolfssl.jp までご連絡ください。

Japan IT Week秋の組込み/エッジコンピューティング展、ESEC出展のご案内

wolfSSL Japanは、Japan IT Week秋の組込み/エッジコンピューティング展、ESECへ出展いたします。

日時: 2020年10月28日(水)~30日(金)10:00~18:00(最終日のみ17:00終了)
会場: 幕張メッセ
wolfSSLブース番号:38-25
展示会ウェブサイト: https://www.japan-it-autumn.jp/ja-jp/about/esec.html

ご紹介製品:

wolfSSL – 世界で初めてTLS 1.3に対応した、IoTデバイス向け軽量SSL/TLS商用版セキュリティライブラリ
wolfBoot – 安全なファームウェアアップデートを実現するセキュアブートローダー
wolfTPM – ハードウェアセキュリティ連携を可能にするポータブルTPM2.0ライブラリ
wolfCrypt FIPS版 – メモリ制限の厳しい環境に適した暗号ライブラリとFIPS140-2認証を取得したFIPSモジュール
wolfCrypt DO-178C版 − 民間航空機および軍用航空機に搭載される電子機器用にRTCA DO-178CレベルA認証をサポート
wolfMQTT – MQTT v5.0に準拠したMQTTクライアント
wolfSSH – SFTPSCPをサポートするSSHライブラリ

みなさまのご来場を心よりお待ちしております。
現地での個別打ち合わせをご希望の方は、info@wolfssl.jp までご連絡ください。

 

wolfSSLウェビナー「wolfSSLをVisual Studioで試してみよう!」

wolfSSLウェビナー開催のご案内です。

wolfSSLをVisual Studioで試してみよう!

2020年10月21日(水) 14:00~14:30

スピーカー:
wolfSSL Japan合同会社 ソフトウェアエンジニア
松尾 卓幸

 

IoTの機能の開発に忙しいソフトウェアエンジニアは、TLSの実装はできれば時間をかけずに信頼できるものを使いたいと考える方も多いのではないでしょうか。
このセッションでは、セットアップに時間をかけず使い慣れたで環境でwolfSSLを評価したいMicrosoft Visual Studioユーザの方を対象に、wolfSSLのサンプルプログラムのビルド&実行の手順を説明します。
また、製品開発にスムーズに移行できるよう各種MCU用のIDE向けソリューションも紹介します。

本ウェビナーは日本語で開催します。
約30分の予定です
 
参加希望の方はこちらからご登録ください。ご登録後、ウェビナー参加に関する確認メールをお送りします。

 

ぜひ皆様のご参加をお待ちしています。
ご質問がおありでしたら、info@wolfssl.jp までご連絡ください。

 

そのほかのウェビナー開催予定、オンデマンド版の公開についてはこちらをご覧ください。

Posts navigation

1 2 3 4 10 11 12