wolfSSLのソフトウェアライセンス

UK

デュアルライセンス

wolfSSLのソフトウェアは、オープンソースと標準的な商用ライセンスとういう二つのライセンスモデルでご提供します。

オープンソース版には標準商用版の内容がすべて含まれていますので、ご契約以前に十分調査、検討をいただいた上で商用ライセンス契約をいただくことができます。オープンソース版ご評価中のご不明な点、お困りの点など技術サポートについても遠慮なく弊社窓口にお問い合わせください (info@wolfssl.jp)。オープンソース版 のダウンロードはこちらのページからお願いします。

基本的な評価が完了して御社製品でご利用をご計画の際には、商用版のご契約をお願いします。商用版をご契約いただくと、GPLv2のライセンス条件に縛られることなく一般的なソフトウェアの商用ライセンス条件のもとで御社製品への組込みなどの目的でご使用いただけるようになります。

それぞれのライセンスについて下記の情報をご参照ください。

オープンソース

wolfSSL, yaSSL, yaSSH, wolfCryptおよびwolfMQTTソフトウェアは、GPLライセンス第二版を遵守する限り、無償でダウンロード、また必要に応じて修正することができます。社内での技術検討、評価などにご使用ください。

GNU 一般公衆利用許諾契約書(非公式日本語訳)

http://www.opensource.jp/gpl/gpl.ja.html

商用ライセンス

御社製品に組み込むなど商用で利用される場合は、商用ライセンスをご契約ください。GPLv2のライセンス条件に縛られることなく、一般的なソフトウェアの商用ライセンス条件のもとご使用いただけます。wolfSSL、wolfCryptの商用ライセンスは、無期限、使用量にかかわらないロイヤルティフリーのライセンスです。ライセンス料はご適用の最終製品の範囲、製品ライン/ファミリーなどによって異なります。詳しくはinfo@wolfssl.jpまでお気軽にお問い合わせください。

  1. 製品ライン・ライセンス: 同じプラットフォーム上で同一の機能を提供する一つの製品ラインへの組み込み
  2. 製品ファミリー・ライセンス: 異なるプラットフォーム、機能を提供する一連の製品ラインへの組み込み

 

サポートパッケージ

wolfSSL、wolfCryptのサポートパッケージは年間契約ベースでwolfSSL社から直接ご提供します。三種類の選択肢を詳細に比較いただきお客さまのニーズにお応えできるものをお選びください。詳細はサポートパッケージのページをご参照ください。

さらにご不明な点、ご質問がございましたら、….

ライセンスに関しては難しい複雑な問題がつきものです。弊社製品のライセンスに関してご質問がございましたら、コンタクト宛ご質問ください。ご一緒にご検討させていただきます。

FAQ

wolfSSL製品のラインセンス、サポートに関するFAQは、こちらをご参照ください。