組み込みシステム向けSSL/TLSライブラリ

IoT、スマートホーム、自動車、スマートグリッド、ルーター、ゲーム、スマートフォン、クラウドで1,000社以上の採用実績。

無償オープンソース版による徹底した評価、および商用ライセンスによる長期間安定した技術サポートの提供で、世界中のお客様に安心、安全な通信を提供しています。

Howling Wolf

デバイス、アプリケーションに頼れるSSL/TLSを

wolfSSL(ウルフエスエスエル)は、C言語ベースの組み込みシステム向けSSL/TLSライブラリです。IoT、組込みシステム、RTOS環境での使用に合わせ最小のサイズ最高の処理速度優れた機能と高い移植性が特長です。業界標準のTLS1.3、DTLS1.2に対応し、最小構成ではOpenSSLの1/20まで軽量化を実現します。シンプルなAPIとOpenSSL互換レイヤを備え、オンライン証明書状態プロトコルと証明書失効リストにも対応。その心臓部は自社開発の堅牢なwolfCrypt(ウルフクリプト)暗号モジュールが支えています。wolfSSL製品ページでご紹介しています。

wolfSSL Inc.が開発したwolfCrypt暗号モジュールは、セキュリティ製品を米国政府が調達する際の要件となっているFIPS 140-2認証(#2425と#3389)を取得しています。詳しくはwolfCrypt FIPS版製品ページをご覧ください。

 

今すぐダウンロード

最新の無償オープンソース版を
今すぐご利用いただけます。

商用ライセンスについては
こちらをご覧ください。

wolfSSLの製品

wolfSSLは、組み込みシステム向けセキュリティソフトウェアの専門ベンダーです。高品質で移植性の高い私たちの製品には、wolfSSL組み込みシステム向けSSL/TLSライブラリwolfCrypt組み込み向け暗号エンジン、wolfMQTTwolfSSHなどのアプリケーションプロトコル、wolfSSL JNI、C++/C#/Pythonなどの言語ラッパーもサポートしています。wolfSSLの主な製品群はGPLv2のオープンソース版と一般的な商用版のデュアルライセンスで提供しています。

wolfSSLはTLS 1.3対応です。無償のオープンソースダウンロード版をいますぐお試しください!

wolfCryptのFIPS140-2認証に関してはこちらのページを参照ください。

ベンダーとしてのwolfSSLについては会社情報ページで、wolfSSL組み込みシステム向けSSL/TLSライブラリについては製品ページで詳しくご紹介しています。

導入実績

wolfSSLは世界中のさまざまな業界、製品で採用されています。高い信頼性、安全性、長期安定サポートが求められる車載、医療機器、FA機器をはじめ、オフィス機器、次世代送電網、コネクティッドホーム、また、PC/スマートフォンアプリケーション、ゲーム、クラウドサービス、などその事例は多岐に渡ります。

20億の接続がwolfSSLでセキュアに

wolfSSLの適用分野についてはこちらで紹介しています。